縁起の良いひな祭りの食べ物

女の子の健やかな成長を願って、3月3日の食卓は縁起をかついだ華やかなメニューでお祝いをしてあげましょう。

ひな祭りの定番と言えば、ちらし寿司ですが、上に乗せる具にはちゃんと意味があります。

れんこんは、穴が開いているので、将来の見通しがよくなるようにという意味があります。

海老には長寿、豆にはマメに働けますようにという願いが込められています。

菜の花は、春を感じさせる彩りに使われています。

お吸い物は、はまぐりが定番ですね。

貝殻は、対になっているものしかピタリと形があいません。

そのために自分にふさわしい人と巡り合えるという言い伝えがあるのです。

お雛様にお供えするひなあられには、色に面白い由来があります。

ひなあられといえば白、黄色、緑の華やかな色合いですよね。

白は大地、緑は木々、ピンクは生命のエネルギーを表していると言われています。

自然界のエネルギーを頂いて、病気をせずに健やかに成長して欲しいという願いがこめられているのです。

別の説ですとひなあられが、ピンク、白、黄色、緑の四色の場合は、四季を表現しているとも言われています。

ひな祭りの料理には、春の訪れを感じさせる食材が使われており、季節を楽しむ昔の人の心を感じることができます。

また、カラフルな色合いには親が娘を思う気持ちが込められており、お祝いの席にぴったりの料理なのです。

雛人形通販サイト人形広場

壁紙の張替えは非常に気楽なもの!?

壁紙を張り替えるだけでも、新築に物件同様に見違えるようになりますね。このことは、自分自身の経験からも思いました。しかも今では壁紙のリフォームは、毎月のお小遣い程度のお金でおこなうことができますので、お財布についても非常に気楽だと言えることでしょう。

実は私はこれまで築25年の実家暮らしだったのですが、もう二十歳を超えた中年なのにも関わらず、サッカーボール柄の壁紙の部屋に暮らしていることがなんともイヤで、この度自腹にて壁紙の張替えをおこなってもらいました。ちなみに当方、女性です。

そして驚いたことと言えば、現代の壁紙リフォーム費用のお安さですね。一室まるまる壁紙を張り替えて数万円程度ですから。いや、もっと具体的に言えば片手ぐらい、旦那さん方の毎月のお小遣い程度ですから驚きました。

なおかつ、一室の壁紙を張り替えて2時間程度ですべての作業は終わりましたので、非常にあっさりとしたものでしたね。ですからなんだかもう拍子抜けしてしまったと言うのでしょうか。このような気軽なものでしたら、「もっと早く張り替えてもらうんだった!」と、かなり後悔しましたね。思春期をもっとオシャレな壁紙の部屋で過ごしたかったものですから。

壁紙シール専門店 壁紙シール通販 【kabegami seal.com】